福岡県ってどんなところ?

福岡市 福岡市

人と環境と都市活力の調和がとれたアジアのリーダー都市をめざして

Municipality/2/Municipality_image_1426508473.jpg
福岡市 概要
位置
総面積 343.39 km2
人口 1,500,955
世帯数 749,139
HP 公式ホームページ
Message
ほどよく自然で,ほどよく都会。ぶっちゃけ福岡移住どうですか?

教育・医療・福祉()公立以外数

教育
幼稚園 129 (121 )
小学校 147(4)
中学校 82(13)
医療
病院 114 ※21,680床
診療所 1,470
歯科 1,006
福祉
保育所 216(209)
特別養護老人ホーム 80(80)
養護老人ホーム 4(3)
介護老人保健施設 28(28)

公共施設状況

公営住宅等 31,678戸
公民館 146箇所
体育館 18箇所

福岡市の移住者インタビュー

  • 福岡市 Iターン

    シャレ・ベネディクトさん インタビューページへ

    生まれ育ったフランスよりも私に合う日本。都会と自然のバランスがいい福岡にずっと住み続けたいと思っています。

    Webデザイナー シャレ・ベネディクトさん

移住・定住支援制度

  • 仕事
  • 住まい・暮らし
  • 結婚・子育て
  • 医療・福祉
  • 移住
選択されたカテゴリは情報がありません。
  • 【福岡市】

    住まい・暮らし家を改修する

    高齢者住宅改造助成事業
    身体機能の低下した高齢者がいる世帯に対し,住宅を高齢者に適するように改造する場合の費用の一部を助成するもの。

    福岡市内に住む要介護・要支援認定を持つ65歳以上の方
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 介護保険料の所得段階によって助成率が異なる。ただし,介護保険料の所得段階が第9~13段階以上は助成対象外。 介護福祉課 092-733-5452
  • 【福岡市】

    住まい・暮らし家を改修する

    障がい者等住宅改造相談助成事業
    市内在宅の身体障がい者等が居住する住宅をその障がい者・児に適するように改造する場合に,その改造費用の一部を助成する。

    市内居住の在宅の身体障害者手帳所持者で,次に掲げる者及び児。
    1.65歳未満で,視覚又は肢体障がい1~2級
    2.65歳未満で 下肢,体幹機能障がい又は脳原性運動機能障がい(移動機能障がいに限る)の3級
    (ただし介護保険対象者は除く。)
    3.65歳以上で,上記における障がい要件に該当し,介護保険の要介護認定において要支援又は要介護の認定を受けることができなかった者
    (※必ず要介護認定の申請を行っていることが必要)
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 所得に応じて助成率が異なる。ただし,障がい者の場合は本人とその配偶者,障がい児の場合はその保護者とその保護者が属する世帯員全員の,市民税所得割の合計額が46万円超える世帯は対象外。 障がい者在宅支援課 092-711-4248
  • 【福岡市】

    住まい・暮らし家を改修する

    住宅用エネルギーシステム導入促進事業
    住宅用エネルギーシステム導入時の設置費用の一部を助成する。(住宅用太陽光発電システム,家庭用燃料電池,リチウムイオン蓄電システム,HEMS,MEMS)

    福岡市内の住宅に「補助対象システム」の設置を予定する方
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    平成28年6月1日から平成29年1月31日 温暖化対策課 福岡市地球温暖化防止市民協議会 住宅用エネルギーシステム導入補助事務局 092-713-0477
  • 【福岡市】

    住まい・暮らし家を借りる

    特定優良賃貸住宅供給事業
    福岡市が認定し建設された特定優良賃貸住宅に入居される場合,所得に応じ家賃の一部を市が補助します。(一部住宅を除く)

    中堅所得者で,同居親族があるもの
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    平成31年まで 住宅計画課 092-711-4279
  • 【福岡市】

    住まい・暮らし家を借りる

    高齢者向け優良賃貸住宅供給事業
    福岡市が認定し建設された高齢者向け優良賃貸住宅に入居される場合,所得に応じ家賃の一部を市が補助します。(一部住宅を除く)

    60歳以上の高齢者単身・夫婦世帯等
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    平成36年まで 住宅計画課 092-711-4279
  • 【福岡市】

    住まい・暮らし設備

    合併処理浄化槽設置助成制度
    合併処理浄化槽を設置する場合に助成金を交付する

    【助成内容】 設置費用の4割(ただし限度額あり)


    ①福岡市域
    (公共下水道事業計画区域内及び農業・漁業集落排水処理区域内を除く)
    ②居住を目的とした住宅
    ③合併処理浄化槽を新設する場合等
     (汲み取り便槽や単独処理浄化槽からの転換も含む)
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    平成26年度~平成30年度 下水道事業調整課 092-711-4428
  • 【福岡市】

    住まい・暮らし設備

    福岡市水洗便所改造資金貸付制度
    ・水洗化工事(くみ取り便所を水洗便所に改造する工事,または,既設し尿
    浄化槽から下水道への切替工事)を行う工事費の一部を貸付ける。
    ・くみ取り便所から水洗便所への改造費用,または,既設し尿浄化槽から
     下水道への切替費用,及び宅内の排水設備(排水管・排水桝)の工事費
     用を対象とする。
    ・貸付金額は便所1か所につき430,000円以内とし,無利息,40か月均等償
    還。


    ①家屋の所有者又は改造工事について家屋の所有者の承諾を受けた借
     家人。
    ②福岡県内に在住する連帯保証人(配偶者,法人を除く。)を1名たてるこ
     とのできる人。
    ③当該年度の市県民税額が120万円未満の人。
    ④本市の市税を滞納していない人。
    ⑤貸付金の償還能力のある人。
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    予算の範囲内 道路下水道局管理部下水道管理課 092-711-4534
  • 【福岡市】

    住まい・暮らし設備

    福岡市私道排水設備助成制度
    ・水洗化工事(くみ取り便所を水洗便所に改造する工事,または,既設し尿
    浄化槽から下水道への切替工事)を行う人が,私道に他の方と共同で排
    水設備を設置する場合に,私道部分について工事費の一部を助成する。
    ・私道に設置する排水設備(排水管・排水桝)の工事費用を対象とする。
    ・助成金額は私道部分の排水設備工事費総額の3分の2以内とする。(当
    該排水設備の利用戸数の全戸が水洗化工事を行う場合は,工事費総額
    の5分の4以内。)


    ①私道に2つ以上の宅地が接していること(家屋が建っていること)。
    ②利用戸数の2分の1以上が汲み取り便所の水洗化工事,又はし尿浄化
     槽の切替工事を行うこと。
    ③利害関係者全員の承諾が得られること。
    ④下水道受益者負担金及び市税を滞納していないこと。
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    予算の範囲内 道路下水道局管理部下水道管理課 092-711-4534
  • 【福岡市】

    住まい・暮らし設備

    福岡市低地排水設備助成制度
    ・水洗化工事(くみ取り便所を水洗便所に改造する工事,または,既設し尿
    浄化槽から下水道への切替工事)を行う人が低地のためポンプ施設を設
    置する場合について,そのポンプ施設の工事を助成する。
    ・ポンプ施設の設置工事費を対象とする。
    ・ポンプ施設の設置に伴う工事費で市が査定した額の全額を助成する。


    ①ポンプ施設設置工事完了とともに,汲み取り便所の水洗化工事,又はし
     尿浄化槽の切替工事を行うこと。
    ②助成を受けようとする方が,官公署,会社及びその他の法人でないこ
     と。
    ③下水道受益者負担金及び市税を滞納していないこと。
    ④ポンプ施設の設置に要する敷地の土地所有者,地上権者その他の利害
     関係者の承諾が得られること。
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    予算の範囲内 道路下水道局管理部下水道管理課 092-711-4534
  • 【福岡市】

    住まい・暮らし設備

    雨水流出抑制施設助成制度
    雨水の貯留・浸透施設を設置される方に助成金を交付する。
    ①雨水貯留タンク
     ・雨水貯留タンクの購入金額の半額を助成。

    ②雨水浸透施設(浸透桝,浸透管)
     ・既存建築物は、雨水浸透施設の設置工事費の全額を助成。
     ・新築・増築建築物は、雨水浸透施設の設置工事費の半額を助成。


    ①雨水貯留タンク
     市内で土地・建物を所有・使用している方
    ②雨水浸透施設
     市街化区域で土地・建物を所有・使用している方
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    予算の範囲内 道路下水道局管理部下水道管理課 092-711-4534
  • 【福岡市】

    住まい・暮らし設備

    福岡市水洗便所改造資金貸付制度
    ・水洗化工事(くみ取り便所を水洗便所に改造する工事,または,既設し尿
    浄化槽から下水道への切替工事)を行う工事費の一部を貸付ける。
    ・くみ取り便所から水洗便所への改造費用,または,既設し尿浄化槽から
     下水道への切替費用,及び宅内の排水設備(排水管・排水桝)の工事費
     用を対象とする。
    ・貸付金額は便所1か所につき430,000円以内とし,無利息,40か月均等償
    還。


    ①家屋の所有者又は改造工事について家屋の所有者の承諾を受けた借
     家人。
    ②福岡県内に在住する連帯保証人(配偶者,法人を除く。)を1名たてるこ
     とのできる人。
    ③当該年度の市県民税額が120万円未満の人。
    ④本市の市税を滞納していない人。
    ⑤貸付金の償還能力のある人。
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    予算の範囲内 道路下水道局管理部下水道管理課 092-711-4534
  • 【福岡市】

    住まい・暮らし設備

    福岡市私道排水設備助成制度
    ・水洗化工事(くみ取り便所を水洗便所に改造する工事,または,既設し尿
    浄化槽から下水道への切替工事)を行う人が,私道に他の方と共同で排
    水設備を設置する場合に,私道部分について工事費の一部を助成する。
    ・私道に設置する排水設備(排水管・排水桝)の工事費用を対象とする。
    ・助成金額は私道部分の排水設備工事費総額の3分の2以内とする。(当
    該排水設備の利用戸数の全戸が水洗化工事を行う場合は,工事費総額
    の5分の4以内。)


    ①私道に2つ以上の宅地が接していること(家屋が建っていること)。
    ②利用戸数の2分の1以上が汲み取り便所の水洗化工事,又はし尿浄化
     槽の切替工事を行うこと。
    ③利害関係者全員の承諾が得られること。
    ④下水道受益者負担金及び市税を滞納していないこと。
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    予算の範囲内 道路下水道局管理部下水道管理課 092-711-4534
  • 【福岡市】

    住まい・暮らし設備

    福岡市低地排水設備助成制度
    ・水洗化工事(くみ取り便所を水洗便所に改造する工事,または,既設し尿
    浄化槽から下水道への切替工事)を行う人が低地のためポンプ施設を設
    置する場合について,そのポンプ施設の工事を助成する。
    ・ポンプ施設の設置工事費を対象とする。
    ・ポンプ施設の設置に伴う工事費で市が査定した額の全額を助成する。


    ①ポンプ施設設置工事完了とともに,汲み取り便所の水洗化工事,又はし
     尿浄化槽の切替工事を行うこと。
    ②助成を受けようとする方が,官公署,会社及びその他の法人でないこ
     と。
    ③下水道受益者負担金及び市税を滞納していないこと。
    ④ポンプ施設の設置に要する敷地の土地所有者,地上権者その他の利害
     関係者の承諾が得られること。
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    予算の範囲内 道路下水道局管理部下水道管理課 092-711-4534
  • 【福岡市】

    住まい・暮らしその他

    福祉タクシー料金助成事業
    重度障がい児・者の社会参加を図るため,対象者要件に該当する障がい者の方に平成28年4月1日から平成28年度福祉タクシ-利用券の交付を行う。

    対象者が18才以上の場合は,対象者及び配偶者ともに市民税非課税で,かつ次の障がい程度に該当する方

    対象者が18才未満の場合は,保護者の属する住民基本台帳上の世帯員全てが市民税非課税で,かつ次の障がい程度に該当する方

    (1) 視覚障がい 1級または2級
    (2) 下肢,体幹機能障がい,または乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障がい(移動機能障がいに限る。) 1級または2級
    (3) 内部障がい 1級または2級
    (4) 視覚障がい、肢体不自由(上肢,下肢・体幹機能障がい)、内部障がいが重複して総合2級以上かつ下肢または体幹機能障がい3級
    (5) 療育手帳A

    ※いずれも市内在住で在宅の方が対象
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    4月から翌年の3月 障がい者在宅支援課 092-711-4248
  • 【福岡市】

    住まい・暮らしその他

    高齢者乗車券交付事業
    高齢者の社会参加を促進するために交通費の一部を助成する高齢者乗車券(交通用福祉ICカード,タクシー助成券などからいずれか1種類を選択)を交付。

    市内に住民登録している満70歳以上で,所得制限を満たす方
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    9月から翌年の9月 高齢社会政策課 092-711-4881
  • 【福岡市】

    住まい・暮らしその他

    福祉乗車券・乗車証交付事業
    障がい者の社会参加を促進するため,以下の交通費助成を実施。
    (1) 福祉乗車証…市営地下鉄の乗車料金を全額助成
    (2) 福祉割引証…市営地下鉄の乗車料金を半額助成
    (3) 福祉乗車券…電車・バス・市営渡船等の交通費を助成
    (交通用福祉ICカード,タクシー助成券などからいずれか1種類を選択)

    ○交付条件
    市内に住民登録があり,以下の条件のいずれかに該当する方


    【福祉乗車証】
    (1) 身体障害者手帳 1~3級  (2) 療育手帳 A
    (3) 精神障害者保健福祉手帳 1級
    (4) 戦傷病者手帳 特別項症~第6項症
    (5) 被爆者健康手帳を持ち,医療特別手当,特別手当,原子爆弾小頭症手当,健康管理手当のいずれかを受給
    (6) 70歳以上で上記いずれかの手帳(級は問わず)を持ち,前年の所得が195万円以下

    【福祉割引証】 ※福祉乗車証対象者は除く
    (1) 精神障害者保健福祉手帳を持つ人と1級の介護者
    (2) 戦傷病者手帳を持つ人と特別項症~第6項症の介護者
    (3) 被爆者健康手帳を持つ人
    (4) 障がい児・者施設入所者と付添人

    【福祉乗車券】 ※70歳以上のみ対象
    (1) 身体障害者手帳  (2) 療育手帳
    (3) 精神障害者保健福祉手帳  (4) 戦傷病者手帳
    (5) 被爆者健康手帳
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    8月から翌年の8月 障がい者在宅支援課 092-711-4248
  • 【福岡市】

    結婚・子育て出産

    妊婦健康診査事業
    妊婦健診の費用を助成

    福岡市に住民票を有する妊婦
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 こども発達支援課 092-711-4178
  • 【福岡市】

    結婚・子育て子育て・教育

    ②こんにちは赤ちゃん訪問事業
    民生委員・児童委員による全戸訪問

    生後7か月頃の赤ちゃんがいる家庭
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 こども発達支援課 092-711-4178
  • 【福岡市】

    結婚・子育て子育て・教育

    ①新生児訪問事業
    専門職による全戸訪問

    生後3か月頃の赤ちゃんがいる家庭
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 こども発達支援課 092-711-4178
  • 【福岡市】

    結婚・子育て子育て・教育

    児童手当
    家庭等における生活の安定に寄与するとともに,次代の社会を担う児童の健やかな成長に資するため,児童を養育している方に手当を支給する。

    中学校卒業(15歳到達後最初の3月31日)までの自動を養育している方
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    法の定めによる 全国統一の基準 こども家庭課 092-711-4920
  • 【福岡市】

    結婚・子育て子育て・教育

    ①子どもプラザ
    乳幼児親子がいつでも気軽に訪れ,自由に遊ぶことができる子育て支援活動の拠点

    ①乳幼児とその保護者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 事業企画課 711-4114
  • 【福岡市】

    結婚・子育て子育て・教育

    ②福岡市子育て支援コンシェルジュ
    ②教育・保育サービスの利用全般に関する相談窓口

    ②教育・保育サービスを希望する保護者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 事業企画課 711-4114
  • 【福岡市】

    結婚・子育て子育て・教育

    ファミリー・サポート・センター事業
    地域のなかで育児の相互援助活動を行う事業

    生後3か月から小学校6年生までの児童
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 事業企画課 711-4114
  • 【福岡市】

    結婚・子育て子育て・教育

    一時預かり事業
    保護者が冠婚葬祭や通院,リフレッシュなど必要な時に,乳幼児を一時的に預かる事業

    家庭において保育を受けることが一時的に困難となった乳幼児
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 事業企画課 711-4114
  • 【福岡市】

    結婚・子育て子育て・教育

    第3子優遇事業
     福岡市独自の補助事業により,市内に居住し18歳未満の子どもを3人以上養育している家庭で,3番目以降の子どもが幼稚園や保育所等を利用する場合に,小学校就学前の3年間において,以下のとおり補助を実施。
    ①新制度へ移行していない私立幼稚園に通っている場合
     →私立幼稚園就園奨励費と合わせて,年額30万円を限度に,保育料・入園料に対し助成。
    ②市立幼稚園に通っている場合
     →保育料・入園料を免除。
    ③認可保育所,認定こども園,新制度へ移行した私立幼稚園に通っている場合
     →保育料を免除


    市内に居住し18歳未満の子どもを3人以上養育している家庭
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 運営支援課 092-711-4245
  • 【福岡市】

    結婚・子育て子育て・教育

    福岡市放課後児童健全育成事業
     放課後,児童が帰宅しても,保護者が仕事などのために不在である家庭の児童に対して小学校内にある「留守家庭こども会」で,適切な遊び及び生活の場を提供し,児童の健全育成を図る。


    <利用料>※減免制度あり
    ・放課後から午後5時まで⇒3,000円
    ・午後5時から午後6時まで⇒+1,000円
    ・午後5時から午後7時まで⇒+2,000円
    ・土曜日(午前8時~午後6時)も利用⇒+2,000円


    <対象>※全て該当すること
    ・福岡市内に住む児童
    ・福岡市内の小学校に通学する児童
    ・就労や病気を理由に保護者および同居する人が,昼間家庭にいない状態が月に15日以上かつ6か月以上継続する
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 一部設置されていない小学校あり こども未来局放課後こども育成課 092-711-4662
  • 【福岡市】

    結婚・子育て子育て・教育

    休日保育事業
    市内の保育施設等を利用している児童で,日曜・祝日にも保育を必要とする児童を対象に事業を実施。

    市内の保育施設等を利用する児童
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 利用料は無料 運営支援課 092-711-4245
  • 【福岡市】

    結婚・子育て子育て・教育

    少人数指導など指導方法工夫改善の推進
    ○小学校第1学年~4学年において少人数学級を実施(中学校第1学年では学校選択により実施)

    実施学年の児童・生徒
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 学校指導課 711-4638
  • 【福岡市】

    結婚・子育て子育て・教育

    ひとり親家庭等医療費助成制度
    ひとり親家庭の親と児童,父母のない児童の定額負担を除く自己負担分を助成

    母子家庭ほか
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 医療年金課 092-711-4235
  • 【福岡市】

    結婚・子育て子育て・教育

    就学援助
    経済的理由により就学困難な小・中学校の児童生徒の給食費、学用品費、修学旅行費などを援助

    市立小・中学校などの児童生徒の保護者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    受付期間
    通年
    市民税額などによる受給要件あり 教育委員会
    教育支援課
    (電話)092-711-4693
    (FAX)092-733-5780
    (E-Mail)
    kyoikushien.BES@city.fukuoka.lg.jp
  • 【福岡市】

    結婚・子育て子育て・教育

    (公財)福岡市教育振興会奨学金
    経済的な理由により高校などへの進学が困難な生徒に対し,入学資金及び奨学資金を貸与し,修学を支援

    保護者が福岡市民で,県内の高校などに進学する者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    受付期間
    11月上旬~12月上旬
    所得要件あり 教育委員会
    教育支援課
    (電話)092-711-4871
    (FAX)092-733-5780
    (E-mail)
    kyoikushien.BES@city.fukuoka.lg.jp
  • 【福岡市】

    結婚・子育て子育て・教育

    特別支援教育就学奨励費
    経済的理由により就学困難な小・中学校の特別支援学級の児童生徒の給食費、学用品費、修学旅行費などを援助

    市立小・中学校の特別支援学級の児童生徒の保護者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    受付期間
    通年
    収入額による受給要件あり 教育委員会
    教育支援課
    (電話)092-711-4693
    (FAX)092-733-5780
    (E-Mail)
    kyoikushien.BES@city.fukuoka.lg.jp
  • 【福岡市】

    仕事起業・事業・就職

    福岡市就労相談窓口
    市内7か所に設置した就労相談窓口において,担当制による個別相談を実施するほか,職業紹介や就職に役立つセミナーの開催などの就職支援を行う。

    15歳以上の市内在住の求職者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 窓口で支援を実施(予約制)。 経済観光文化局就労支援課 予約及び問合せ番号:092-733-0717
  • 【福岡市】

    仕事起業・事業・就職

    福岡クリエイティブキャンプ事業
    求人情報の提供,企業紹介やマッチング等の就職支援,

    IT・デジタルコンテンツ等のクリエイティブ関連企業での開発経験者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 経済観光文化局企業誘致課 092-711-4849
  • 【福岡市】

    仕事起業・事業・就職

    就職支援セミナー
    再就職に役立つ知識を学ぶセミナーを実施

    再就職したい女性
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 事業推進課 092-526-3755
  • 【福岡市】

    仕事起業・事業・就職

    インキュベート事業、創業支援事業計画(特定創業支援事業)、スタートアップカフェ、スタートアップビザ、スタートアップ賃料補助
    【創業支援事業計画(特定創業支援事業)】※時限あり
    対象:創業予定者~創業5年未満
    内容:指定した支援を継続的に受けることで,国から登録免許税の軽減等の措置を受けることができる。
    【インキュベート事業】
    ●インキュベートプラザ博多,百道浜
    対象:創業予定者及び創業5年未満の企業ほか
    ●福岡ビジネス創造センター(FBCC)
    対象:創業予定者及び創業8年未満の企業
     新事業進出後2年未満の企業の新規部門ほか
    内容:低廉な使用料で事務所を提供し、併せて専門家を派遣して経営指導・相談等の支援を行う。
    【スタートアップカフェ】市独自
    対象:創業・第2創業を希望する個人・企業
    場所:TSUTAYA BOOK STORE TENJIN 3F
    内容:コンシェルジュを配置し,創業から人材確保までのワンストップ支援を行う創業の拠点施設。
    【スタートアップビザ】
    対象:福岡市で創業を志す外国人
    内容:経営・管理の在留資格取得申請時の要件を半年間猶予。
    【スタートアップ賃料補助】
    対象:経営・管理の在留資格を取得し,福岡市で創業する外国人
    内容:住居及び事業所の賃料の2分の1を1年間補助(上限額:住居7万円/月,事業所5万円/月)


    創業予定者及び創業者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    ●創業支援事業計画(特定創業支援事業)
    H31.3.31まで

    ●インキュベート事業
    随時募集
    ※FBCCはH28年度終了

    ●スタートアップカフェ
    通年

    ●スタートアップビザ
    通年

    ●スタートアップ賃料補助
    H28.8.31まで募集
    経済観光文化局創業・大学連携課 092-711-4455
  • 【福岡市】

    仕事起業・事業・就職

    女性の起業支援セミナー
    起業に関する知識を学ぶセミナーを実施

    起業に関心のある女性
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    6月~7月 事業推進課 092-526-3755
  • 【福岡市】

    仕事起業・事業・就職

    商店街空き店舗情報提供事業
    公益財団法人福岡県宅地建物取引業協会,福岡商工会議所,福岡市が連携し,商店街周辺地域の空き店舗の物件情報と,商店街情報等をWeb上で情報提供する。

    新規出店者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    平成26年9月開設 経済観光文化局 
    地域産業支援課
    092-441-3303
  • 【福岡市】

    仕事起業・事業・就職

    空き店舗における創業応援事業 【商業機能充実型・創業支援型】
    商店街の空き店舗での若者の創業や,商店街構成店舗の充実に向けた出店経費等の助成を行う。

    ・ 商業機能充実型
      新規出店者(商店街の不足業種を保管する事業を行う事業者)
    ・ 創業支援型 
      商店街で創業を志す者(35歳未満)
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    事業開始した年度中(単年度) 経済観光文化局 
    地域産業支援課
    092-441-3303
  • 【福岡市】

    仕事起業・事業・就職

    経営相談
    経営,創業,財務,税務,労務など経営に関する一般的な相談

    福岡市内の中小企業者
    福岡市内で創業予定の方
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 経済観光文化局経営支援課 092-441-2171
  • 【福岡市】

    仕事起業・事業・就職

    金融相談
    福岡市商工金融資金制度(制度融資)に関する相談
    (創業関連資金:スタートアップ資金)


    福岡市内の中小企業者
    福岡市内で創業予定の方
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 経済観光文化局経営支援課 092-441-2171
  • 【福岡市】

    仕事起業・事業・就職

    インキュベート事業、創業支援事業計画(特定創業支援事業)、スタートアップカフェ、スタートアップビザ、スタートアップ賃料補助
    【創業支援事業計画(特定創業支援事業)】※時限あり
    対象:創業予定者~創業5年未満
    内容:指定した支援を継続的に受けることで,国から登録免許税の軽減等の措置を受けることができる。
    【インキュベート事業】
    ●インキュベートプラザ博多,百道浜
    対象:創業予定者及び創業5年未満の企業ほか
    ●福岡ビジネス創造センター(FBCC)
    対象:創業予定者及び創業8年未満の企業
     新事業進出後2年未満の企業の新規部門ほか
    内容:低廉な使用料で事務所を提供し、併せて専門家を派遣して経営指導・相談等の支援を行う。
    【スタートアップカフェ】市独自
    対象:創業・第2創業を希望する個人・企業
    場所:TSUTAYA BOOK STORE TENJIN 3F
    内容:コンシェルジュを配置し,創業から人材確保までのワンストップ支援を行う創業の拠点施設。
    【スタートアップビザ】
    対象:福岡市で創業を志す外国人
    内容:経営・管理の在留資格取得申請時の要件を半年間猶予。
    【スタートアップ賃料補助】
    対象:経営・管理の在留資格を取得し,福岡市で創業する外国人
    内容:住居及び事業所の賃料の2分の1を1年間補助(上限額:住居7万円/月,事業所5万円/月)


    創業予定者及び創業者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    ●創業支援事業計画(特定創業支援事業)
    H31.3.31まで

    ●インキュベート事業
    随時募集
    ※FBCCはH28年度終了

    ●スタートアップカフェ
    通年

    ●スタートアップビザ
    通年

    ●スタートアップ賃料補助
    H28.8.31まで募集
    経済観光文化局創業・大学連携課 092-711-4455
  • 【福岡市】

    仕事就業体験

    農業インターンシップ事業
    新規就農を希望する者が,認定農業者等の農業経営者から農作業や農業経営について直接指導を受ける方法での農家研修を実施する。  

    農業に強い関心を持ち,将来的に就農を考えている福岡市民。
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    年間60日程度 農業振興課 担い手支援係 092-711-4852
  • 【福岡市】

    仕事就業体験

    農業インターンシップ事業
    新規就農を希望する者が,認定農業者等の農業経営者から農作業や農業経営について直接指導を受ける方法での農家研修を実施する。  

    農業に強い関心を持ち,将来的に就農を考えている福岡市民。
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    年間60日程度 農業振興課 担い手支援係 092-711-4852
  • 【福岡市】

    仕事農林水産業

    新規就農相談
    非農家からの農業参入ニーズに対応するため,相談窓口を設け,就農に向けた情報の提供や関係機関の紹介を行い,就農への支援を行うとともに非農家からの農業参入を支援し,農業従事者の確保を図る。

    福岡市内で新規就農をしたい方
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 毎週木曜《要電話予約》  午後13:00~17:00  農業振興課 担い手支援係 092-711-4852
  • 【福岡市】

    仕事農林水産業

    新規就農スタートアップ支援事業
    新規就農者に対し,農業機械や施設等の初期投資にかかる経費の一部を助成し,新規就農の意欲喚起と新規就農者の早期の経営安定を図るもの。

    就農5年以内の新規就農者,又は当該事業年度の就農予定者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 市内に居住し,農地を既に確保していること 農業振興課 担い手支援係 092-711-4852
  • 【福岡市】

    仕事農林水産業

    新規就農相談
    非農家からの農業参入ニーズに対応するため,相談窓口を設け,就農に向けた情報の提供や関係機関の紹介を行い,就農への支援を行うとともに非農家からの農業参入を支援し,農業従事者の確保を図る。

    福岡市内で新規就農をしたい方
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 毎週木曜《要電話予約》  午後13:00~17:00  農業振興課 担い手支援係 092-711-4852
  • 【福岡市】

    移住移住体験

    着地型観光振興事業
    来福観光客の市内での回遊性を向上するために体験型旅行商品の造成を促進する。

    来福観光客
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 経済観光文化局プロモーション推進課 092-711-4355
  • 【福岡市】

    移住移住体験

    インバウンド観光客受入環境向上事業
    外国人観光客を主な対象に,既存の施設や資源を活用した受入環境整備を行う。

    外国人観光客
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    平成28年4月~平成29年3月 経済観光文化局地域産業支援課 092-441-3303
  • 【福岡市】

    医療・福祉医療・福祉

    子ども医療費助成制度
    中学校3年生までの子どもの医療費の自己負担分を助成

    【平成28年9月まで】
    ・入院:中学校3年生まで自己負担なし
    ・通院:小学校就学前まで自己負担なし

    【平成28年10月から】
    ・入院:中学校3年生まで自己負担なし
    ・通院:小学校6年生まで自己負担は以下のとおり
      (3歳未満は自己負担なし)
      (3歳~就学前は月600円まで)
      (小学生は月1,200円まで)


    中学校3年生までの子ども
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    平成28年4月~平成29年3月 医療年金課 092-711-4235
  • 【福岡市】

    医療・福祉医療・福祉

    病児・病後児デイケア事業
    児童が病気の際,保護者の仕事の都合などで自宅で看病できない場合に病児デイケアルームで預かる事業

    福岡市に住民票を有する0歳~小学6年生までの児童
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 こども発達支援課 092-711-4178
  • 【福岡市】

    医療・福祉医療・福祉

    該当事業なし
    〔削除〕後期高齢者医療制度は該当しない

    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
  • 【福岡市】

    医療・福祉医療・福祉

    緊急通報システム
    在宅でひとり暮らしの身体障がい者が,家庭内で急病や事故などの緊急事態におちいったとき,胸にかけたペンダントのボタンなどを押せば,「受信センター」に自動的に通報する機器を電話にとりつけ,緊急時には「受信センター」から消防局や近隣の協力員などに連絡して生活の安全を確保するもの。
    また,緊急時以外の相談にも対応することにより,日常生活上の不安を解消する。
    この緊急通報用機器を貸与または給付・レンタルする。

    申込等は各区福祉・介護保険課。


    身体障害者手帳の交付を受けている障がいの程度が1級または2級の者で,緊急時における連絡手段の確保が困難なひとり暮らし及びそれに準じる人。
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 原則2名の緊急通報協力員が必要。 障がい者在宅支援課 092-711-4248
  • 【福岡市】

    医療・福祉医療・福祉

    徘徊知的障がい者捜索システム事業
    徘徊の恐れのある知的障がい児・者を警察へ登録し,携帯端末を持たせることにより,行方不明時に位置を検索し,早期発見・保護につなげる。

    申込等は各区福祉・介護保険課。


     福岡市内に居住する徘徊行動の症状がる知的障がい児・者,またはその他特に必要と認めた人を介護している家族。
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    随時 障がい者在宅支援課 092-711-4248
  • 【福岡市】

    医療・福祉医療・福祉

    徘徊高齢者等ネットワーク事業
    徘徊の見られる認知症高齢者を早期発見・保護するため,また,介護者の負担を軽減するため,警察や地域などの協力のもとに,「(1)登録制度」「(2)徘徊高齢者捜してメール」「(3)捜索システム」という徘徊高齢者等ネットワーク事業を行うもの。
    (1)登録制度
    事前に,氏名・住所・連絡先・特徴・写真などを警察署や区保健福祉センター等に登録し,高齢者の行方がわからなくなったときの早期発見・保護や,保護されたときの身元確認ができるようにする。
    (2)徘徊高齢者捜してメール
    *事前登録が必要。
    *(1)登録制度と同時利用に限る。
    登録された方が行方不明になった時,行方不明時の状況等を捜索に協力できる協力事業者・協力サポーターへメールで一斉配信し,捜索に協力してもらうことで,早期発見・早期保護につなげる。
    (3)捜索システム
    *(1)登録制度と同時利用に限る。
    日頃から,徘徊により行方不明になる可能性がある高齢者に携帯端末機の子機を身につけ,行方がわからなくなったときに,親族や介護者が,親機を使って,電波で子機の位置を捜索し,早期発見・保護する。
    親機の料金(6000円/年,税抜)の自己負担が必要。子機代金は無料(福岡市が助成)。


    (1)登録制度
    福岡市内に居住する認知症の人(申請者は,本人,親族,介護者)
    (2)徘徊高齢者捜してメール
    福岡市内に居住する認知症の人(申請者は,親族,介護者)
    (3)捜索システム
    福岡市の介護保険被保険者(福岡市に介護保険料を納めている人)で,認知症により徘徊の見られる高齢者(40歳以上の介護保険サービス受給対象者も含む)のうち,在宅で生活している人(申請者は,対象者を介護している親族等)
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    随時 事業の申し込みは,各区の保健福祉センター地域保健福祉課または対象者がお住まいの地域を担当する「いきいきセンターふくおか(地域包括支援センター)」 地域包括ケア推進課 092-711-4373
  • 【福岡市】

    医療・福祉医療・福祉

    食の自立支援・配食サービス事業
     対象者に対し,食に関するサービス調整を実施し,必要な方には1食あたり460円にて昼食を配送するとともに,安否確認を行うもの。

     福岡市内に居住する福岡市の介護保険被保険者で65歳以上の単身世帯,高齢者のみの世帯,またはこれに準じる世帯に属し,要介護・要支援状態になるおそれがあるか,または,要介護・要支援の認定を受けた人で,虚弱などのため食の自立が困難な人。
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 平成28年度末をもって原則廃止 介護福祉課 092-733-5452
  • 【福岡市】

    医療・福祉医療・福祉

    障がい者配食サービス(まごころランチ)事業
     対象者に対し,食に関するサービス調整を実施し,必要な方には1食あたり460円にて昼食を配送するとともに,安否確認を行うもの。

    申込等は各区福祉・介護保険課。


     福岡市内に居住する障がい者のみの世帯,またはこれに準じる世帯で,心身障がいのため調理が困難な人。
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 平成28年度末をもって原則廃止 障がい者在宅支援課 092-711-4248
  • 【福岡市】

    医療・福祉医療・福祉

    急患診療所運営事業
    休日・夜間の民間医療機関の診療時間外に,適切な医療を提供する。

    利用希望者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 福岡市保健福祉局地域医療課 地域医療課:092-711-4264
    急患診療センター:092-847-1099
  • 【福岡市】

    医療・福祉防災・安全

    防災行政無線の運営
    災害等の予防・災害時等における情報提供

    市内在住の住民
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 防災・危機管理課 092-711-4056

Photo gallery

イベント紹介もっと見る

みどころ紹介

  • 福岡城跡
    福岡城跡
    福岡藩初代藩主・黒田長政が築城。現在,石垣や櫓,門,堀などが残っており,四季が織りなす美しい自然の風景を楽しむことができる。
  • 百道エリア
    百道エリア
    都心からすぐにアクセスできるシーサイドエリアであり,日本一の海浜タワーである「福岡タワー」や国宝「金印」や黒田家資料を収蔵する福岡市博物館などの施設がある。
  • 屋台(天神)
    屋台(天神)
    福岡の主な屋台スポットは,天神の渡辺通り沿いや中洲エリアの那珂川沿い,長浜エリアの鮮魚市場の周辺等。自分好みの屋台を見つけるのも楽しみの一つ。
  • 櫛田神社
    櫛田神社
    博多祇園山笠で知られる博多の総鎮守。「お櫛田さん」の愛称で市民に親しまれている。境内には,大銀杏や博多歴史館,博多べい,飾山笠等見どころが多い。
  • 志賀島
    志賀島
    国宝「金印」が発掘されたことで全国的に有名な島。海水浴などのマリンレジャーや新鮮な魚介類を楽しめる食事処,玄界灘に浮かぶ島々を一望できる展望台などリゾート気分を堪能できる。
  • 天神エリア
    天神エリア
    福岡市の中心地であり,デパートやお洒落なショップ,個性的な飲食店等が数多く並ぶ。地下には全長約590m,約150店舗が並ぶ「天神地下街」もあり,多くの商業施設とつながっているため,雨天時にも便利。

産業・経済

(1)生産・所得

市町村内総生産 67,975億円
就業者1人あたり 8,033(千円) 対県平均 103.5 %
市町村民所得 47,759億円
人口1人当たり 3,171(千円) 対県平均 112.0%

(2)産業構造

(百万円・人・%)
区分 総生産額 就業人口
第1次 8,722 0.1 4,138 0.6
第2次 566,102 8.3 84,155 12.7
第3次 6,165,615 90.7 517,314 77.9
税・関税 57,052 0.8 - -
6,797,491 100.0 663,826 100.0

(3)農業・工業・商業

(人・百万円)
農業 農家数(うち専業農家) 農業就業人口
2,228(477) 2,352
製造業 事業所数 従業者数 製造品出荷額等
793 20,733 636,524(県内4位)
卸・小売業 事業所数
(うち50人以上)
常用従業者数 年間販売額
14,179(356) 136,814 11,335,447(県内1位)

今後の主要課題・ユニーク行政・その他

『FUKUOKA NEXT』のさらなる推進
~成長の果実を子どもからお年寄りまで~
・あらゆる世代が絆をつむぎ暮らしやすさを実感できるまち
・新しい成長の種が生まれ育つまち
・次の世代のために力強く歩むまち

※出典:平成28年版 福岡県市町村要覧

福岡市への
問い合わせ・ご相談はこちら
連絡先: 総務企画局企画調整部
TEL: 092-711-4863
FAX: 092-733-5582
MAIL: kikaku.GAPB@city.fukuoka.lg.jp
topへ戻る
  • このサイトについて
  • サイトマップ

福岡県庁 広域地域振興課
〒812-8577 福岡県福岡市博多区東公園7番7号
TEL:092-651-1111  FAX:092-643-3164
MAIL:koiki@pref.fukuoka.lg.jp

Copyright © 2017 Fukuoka Prefecture All rights reserved.