福岡県ってどんなところ?

大野城市 大野城市

ともに創る 個性輝く やすらぎの新コミュニティ都市

Municipality/18/Municipality_image_1426734736.jpg
大野城市 概要
位置
総面積 26.89 km2
人口 99,666
世帯数 42,233
HP 公式ホームページ
Message
ともに創る 個性輝く やすらぎの 新コミュニティ都市「大野城市」で、わくわくする出会いをしませんか。

教育・医療・福祉()公立以外数

教育
幼稚園 9 (9 )
小学校 10(0)
中学校 5(0)
医療
病院 7 ※1,562床
診療所 63
歯科 55
福祉
保育所 15(12)
特別養護老人ホーム 2(2)
養護老人ホーム 0(0)
介護老人保健施設 2(2)

公共施設状況

公営住宅等 120戸
公民館 27箇所
体育館 5箇所

大野城市の移住者インタビュー

  • 大野城市 Jターン

    岩永由里奈さん インタビューページへ

    大野城市は、受け継がれてきた歴史があり、豊かな自然があり、温かさにあふれる「まち」です。みんなで助け合いながら仕事をする、最高の職場です。

    市役所職員 岩永由里奈さん

移住・定住支援制度

  • 仕事
  • 住まい・暮らし
  • 結婚・子育て
  • 医療・福祉
  • 移住
選択されたカテゴリは情報がありません。
  • 【大野城市】

    住まい・暮らし家を改修する

    木造戸建て住宅耐震改修補助事業
    昭和56年5月31日以前に建築又は工事着工した市内の木造戸建て住宅の耐震改修工事費に対し補助をしている。

    住宅の所有者(所有者の承諾があれば居住者も可)
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    未定 補助額、補助率、補助要件等については、ホームページもしくは担当課へ要確認 都市計画課 092-580-1868
  • 【大野城市】

    住まい・暮らし家を改修する

    住宅改造補助
    ①下肢、体幹機能障がいで障がい等級3級以上の人等を対象に、住宅改造にかかる費用の助成を行うもの。【日常生活用具給付事業】  ②身体障害者手帳1・2級該当者(65歳対象者)、療育手帳A該当者(65歳未満)で、かつ市町村民税非課税世帯に属する人等を対象に、住宅改造にかかる費用の助成を行うもの。【大野城市高齢者・障がい者住宅改造費助成事業】

    ①下肢、体幹機能障がいで障がい等級3級以上の人等【日常生活用具給付事業】  ②身体障害者手帳1・2級該当者(65歳対象者)、療育手帳A該当者(65歳未満)で、かつ市町村民税非課税世帯に属する人等【大野城市高齢者・障がい者住宅改造費助成事業】
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 福祉課 092-580-1852
  • 【大野城市】

    住まい・暮らし家を改修する

    住宅改造補助
    ①下肢、体幹機能障がいで障がい等級3級以上の人等を対象に、住宅改造にかかる費用の助成を行うもの。【日常生活用具給付事業】  ②身体障害者手帳1・2級該当者(65歳対象者)、療育手帳A該当者(65歳未満)で、かつ市町村民税非課税世帯に属する人等を対象に、住宅改造にかかる費用の助成を行うもの。【大野城市高齢者・障がい者住宅改造費助成事業】

    ①下肢、体幹機能障がいで障がい等級3級以上の人等【日常生活用具給付事業】  ②身体障害者手帳1・2級該当者(65歳対象者)、療育手帳A該当者(65歳未満)で、かつ市町村民税非課税世帯に属する人等【大野城市高齢者・障がい者住宅改造費助成事業】
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 福祉課 092-580-1852
  • 【大野城市】

    住まい・暮らし設備

    水洗便所等改造助成金
    大野城市の下水道普及促進のため、下水道法(昭和33年法律第79号。)第2条第8号に規定する処理区域(以下「 処理区域」という。)内において、既設の汲み取り便所の水洗化工事及びし尿浄化槽の切替工事を行う者に対し、その工事に要する費用の一部を助成するもの。

    【助成内容】
    ○汲み取り便所の工事は、大便器1器につき13,000円
    ○し尿浄化槽の工事は、大便器1器目を13,000円とし、大便器2器目から1器につき1,000円を加算した額


    【対象者】
    ○処理区域の家屋の所有者である個人又は改造について所有者の承諾を受けた家屋の占有者である個人
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 大野城市水洗便所等改造助成金交付規程 料金施設課 092-580-1928
  • 【大野城市】

    住まい・暮らし設備

    住宅用太陽光発電システム設置費補助金交付事業
     住宅用太陽光発電システムの設置に対し、補助金を交付するもの。
    【補助内容】 1kWあたり3万円(上限:4kW分)
    ※設置などの契約の相手が市内の事業者の場合は、1kWあたり5千円を加算


    個人
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    平成28年4月1日~
    平成29年3月31日
     環境・
     最終処分場対策課
    092-580-1886
  • 【大野城市】

    住まい・暮らしその他

    まどか号運行
    コミュニティバスの運行をする。

    市内在住の住民及びその他利用者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 都市計画課 092-580-1867
  • 【大野城市】

    結婚・子育て出産

    妊婦健康診査補助
    妊婦健康診査補助券の発行
    (対象者が市の指定外医療機関等において任意の妊婦健康診査を受診した場合は、自己負担健診料の一部を助成)


    市内に住所を有する者であって、母子保健法に定める妊娠の届出を行い、母子健康手帳の交付を受けている妊婦
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 こども健康課 092-580-1978
  • 【大野城市】

    結婚・子育て子育て・教育

    すこやかエンゼルサポート事業「こんにちは赤ちゃん訪問事業」
    助産師・保健師、またはエンゼルサポーター(市の定める研修を受講したヘルパー2級以上の資格を持つ者)による家庭訪問

    生後4か月までの赤ちゃんがいるすべての家庭
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 こども健康課 092-580-1978
  • 【大野城市】

    結婚・子育て子育て・教育

    児童手当
    3歳未満 15,000円ほか (所得により減額有り)

    中学校修了前の子どもを養育している人
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 子育て支援課 092-580-1862
  • 【大野城市】

    結婚・子育て子育て・教育

    子育て支援センター事業
    子育て広場、親子あそび教室、親同士のコミュニケーションの場

    市内在住の親子
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 ①子育て支援センターつつい
    ②子育て支援センターみなみ
    ①092-573-8219
    ②092-571-3310
  • 【大野城市】

    結婚・子育て子育て・教育

    各種 子育て支援セミナー
    子どもとのふれあい・育児に関する講座、母親の職場復帰・育児との両立に関する研修など

    参加希望者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 子育て支援課 092-580-1862
  • 【大野城市】

    結婚・子育て子育て・教育

    ファミリー・サポート・センターおおのじょう
    「子育てのお手伝いをしたい人」と「子育ての手助けをしてほしい人」が会員となり、相互の援助活動を実施

    市内在住の人(登録要)
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 ①特定非営利活動法人
    チャイルドケアセンター
    ②子育て支援課
    ①092-502-8822
    ②092-580-1862
  • 【大野城市】

    結婚・子育て子育て・教育

    私立幼稚園就園奨励費補助金
    私立幼稚園(子ども・子育て支援新制度に移行した幼稚園除く)に園児を通園させている市内在住の保護者に対し補助金を交付する

    左記のとおり
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 子育て支援課 092-580-1864
  • 【大野城市】

    結婚・子育て子育て・教育

    留守家庭児童保育所
    放課後、帰宅しても保護者が留守である児童(小学1~6年生)につき午後5時まで、または午後7時まで預かりが可能である。

    市立小学校に在籍している児童(小学1~6年生)で、労働などで保護者が昼間家庭にいない児童
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 こども未来課 092-580-1912
  • 【大野城市】

    結婚・子育て子育て・教育

    ファミリー・サポート・センターおおのじょう
    土日祝においても事業実施中

    市内在住の人(登録要)
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 ①特定非営利活動法人
    チャイルドケアセンター
    ②子育て支援課
    ①092-502-8822
    ②092-580-1862
  • 【大野城市】

    結婚・子育て子育て・教育

    少人数学級の実施
    少人数学級を弾力的に運営しており、小1~2年生は35人以下のクラスで構成されている。

    市内在住の児童・生徒
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 教育指導室 092-580-1909
  • 【大野城市】

    結婚・子育て子育て・教育

    学力向上支援員の配置、学生ボランティア学習支援
    必要に応じて学力向上支援員を配置、大学生を学習ボランティアとして派遣している。

    市内在住の児童・生徒
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 教育指導室 092-580-1909
  • 【大野城市】

    結婚・子育て子育て・教育

    外国語指導助手・スクールカウンセラー・スクールソーシャルワーカー派遣
    外国語指導助手・スクールカウンセラー・スクールソーシャルワーカーを小・中学校に派遣している。

    市内在住の児童・生徒
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 教育指導室 092-580-1909
  • 【大野城市】

    結婚・子育て子育て・教育

    ひとり親家庭等医療費助成制度
    医療費の自己負担額を助成(保険から7割や8割、高額療養費として支給される額や、他の公的な医療費助成を除いた額)。
    ただし、次の金額は本人負担。
     ・通院 800円/月(上限)
     ・入院 500円/日(月7日限度)
    ※いずれも1医療機関ごと。
    ※医療機関から処方された薬剤は無料。


    ひとり親家庭の父・母・児童(義務教育就学後から18歳の年度末まで)の保険医療費の自己負担相当額が助成される。通院800円/日(上限)、入院500円/日(月7日限度)
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 所得制限あり 国保年金課 092-580-1847
  • 【大野城市】

    結婚・子育て子育て・教育

    ①就学援助制度 ②大野城市奨学資金奨学生制度
    ①児童・生徒の学用品費・給食費等の一部を助成
    ②成績が優秀だが、経済的理由で高校・大学等への修学が困難な人に対して奨学金を支給する(返還の必要なし)


    ①市内の小・中学校に通う児童・生徒がいる世帯で、困窮している世帯
    ②下記のすべてに該当する者(募集枠あり)
    ・本人または保護者が大野城市内に1年以上住んでいる
    ・学業が優秀である
    ・経済的理由で就学が困難
    ・他団体の奨学金をうけていない
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    ①通年
    ②奨学生になった年の4月から卒業まで(正規の修業年限)
    教育政策課 092-580-1902、1906
  • 【大野城市】

    結婚・子育て子育て・教育

    放課後総合学習ランドセルクラブ
    小学校の放課後に学習や体験活動を行う。

    大野北小・大野東小・月の浦小の児童
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    平成28年9月~ 28年度は週2日 教育振興課 092-580-1911
  • 【大野城市】

    仕事起業・事業・就職

    生活困窮者自立支援事業
    離職等で生活に困窮している人(世帯)の相談を受け、他制度の紹介やハローワークとの連携などを行う。

    大野城市内で生活しており、生活に困窮している人
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 福祉課 092-580-1961
  • 【大野城市】

    仕事起業・事業・就職

    介護職員初任者研修就労者助成
    都道府県知事の指定を受けた事業者が開催する介護職員初任者研修を受講し、受講終了後3ヶ月以内に介護事業所などに新規雇用され、半年以上就労したときに費用の一部を支援する。

    申請時に1年以上大野城市内に住み、住民登録している人。ただし、自立支援教育訓練給付金の受給者は除く
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    ~平成30年1月10日 福祉課 092-580-1961
  • 【大野城市】

    仕事起業・事業・就職

    創業支援事業
    市商工会と連携し、創業を目指している方へのセミナー等を実施する。

    創業希望7月~3月
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    ふるさとにぎわい課 092-580-1894
  • 【大野城市】

    仕事就業体験

    市民農園
    1区画(30㎡)、\3000/年で貸出し

    大野城市民
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    最長5年間 ふるさとにぎわい課 092-580-1895
  • 【大野城市】

    移住移住体験

    おおのじょうまちなかわくわくパビリオン
    市内地域資源を活用した参加型体験プログラムの実施をする。

    一般
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    10月~12月 一般社団法人大野城市にぎわいづくり協議会 092-553-1303
  • 【大野城市】

    移住移住・転入

    市営住宅
    1年以上本市の住民基本台帳に登録があり、一定の所得額以下で住宅に困っている方(他にも申込条件あり)を対象としている。

    市内在住の住民
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年(抽選・毎年4月に募集) 管財課 092-580-1824
  • 【大野城市】

    医療・福祉医療・福祉

    子ども医療費助成制度
    子どもの医療費の自己負担額を助成(保険から7割や8割、高額療養費として支給される額や、他の公的な医療費助成を除いた額)。
    ただし、次の金額は本人負担。
    ◆ 3歳未満:無料(入院・通院)
    ◆3歳以上就学前
     ・通院 600円/月(上限)
     ・入院 500円/日(月7日限度)
    ◆小学1年生~6年生
    (※小1~小6の通院は平成28年10月1日以降受診分)
     ・通院 1,200円/月(上限)
     ・入院 500円/日(月7日限度)
    ◆中学1年生~3年生
    (※入院は平成28年10月1日以降受診分)
     ・通院 助成対象外
     ・入院 500円/日(月7日限度)
    ※いずれも1医療機関ごと。
    ※医療機関から処方された薬剤は無料(通院の助成のある年齢まで)。


    3歳未満(通院・入院):無料/3歳~就学前:通院600円/月(上限)、入院500円/日(月7日限度)/小学1~6年:通院 助成対象外、入院500円/日(月20日限度)
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 国保年金課 092-580-1847
  • 【大野城市】

    医療・福祉医療・福祉

    小児救急診療制度
    平日夜間・土曜・休日の小児科救急診療

    利用希望者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 すこやか長寿課 092-580-1941
  • 【大野城市】

    医療・福祉医療・福祉

    病児デイケアルーム大野城事業
    保育所に通所中の児童等が病気の回復期等であり、集団保育の困難な期間、その児童を一時的に保育する。

    保育所等に通所中の生後90日から小学校6年生までの児童等
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 子育て支援課 092-580-1864
  • 【大野城市】

    医療・福祉医療・福祉

    緊急まどかコール
    自宅内での緊急時に連絡するのが困難な状態の人に緊急通報装置を貸し出し、緊急ボタンを押すと事業者のコールセンターに繋がり、救急車の要請やヘルパーまたは看護師が自宅を訪問する。

    大野城市在住で65歳未満の身体障害者手帳または療育手帳を持っている人で、緊急時に連絡を行うことがが困難な状況にある人
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 福祉課 092-580-1852
  • 【大野城市】

    医療・福祉医療・福祉

    見守りネットおおのじょう
    インフラ事業者や配達・宅配事業者、郵便局、新聞社等と行政で協定を結び、高齢者の見守りを行う。

    65歳以上の市民
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 地域包括支援センター 092-501-2306
  • 【大野城市】

    医療・福祉医療・福祉

    配食サービス
    昼食や夕食の弁当を訪問により配付するとともに、利用者の安否を確認し、異常があった場合は、関係機関への連絡等を行う。

    身体障害者手帳または精神障害者保健福祉手帳を持っている65歳未満の人などで、自力で調理または家族による調理が困難な状況にある人
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 福祉課 092-580-1852
  • 【大野城市】

    医療・福祉医療・福祉

    休日・夜間当番医制度
    休日・夜間当番医による診療

    利用希望者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 すこやか長寿課 092-580-1941
  • 【大野城市】

    医療・福祉医療・福祉

    はり・きゅうの助成制度
    指定のはり・きゅう院での施術費用を一部助成する。

    大野城市国保加入者
    (大野城市後期加入者)
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 国保年金課
    (長寿支援課)
    092-580-1847
    (092-580-1859)
  • 【大野城市】

    医療・福祉医療・福祉

    健康運動教室
    ロコモティブシンドローム等を予防するための健康運動教室

    20歳以上の住民
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    年3期(10回/期)開催 すこやか長寿課 092-580-1941
  • 【大野城市】

    医療・福祉防災・安全

    大野城市安全安心まちづくり推進協議会
    犯罪や暴力等のない安全安心のまちの実現

    市民、事業所
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 安全安心課 092-580-1898

Photo gallery

みどころ紹介

  • 大野城まどかぴあ
    大野城まどかぴあ
    図書館、生涯学習センター、男女平等推進センター、大ホール、小ホール、多目的ホールが入館し、大野城市の情報発信拠点として市民の間で賑わっている。
  • 大野城市コミュニティセンター【4(北・東・中央・南)地区】
    大野城市コミュニティセンター【4(北・東・中央・南)地区】
    コミュニティ協議会(コミュニティ運営委員会・パートナーシップ活動支援センター・地域行政センター)が住民自治の実現に向けて、地域活動に取組んでいる。
  • 大野城いこいの森
    大野城いこいの森
    キャンプ場・中央公園(野外ステージ、パットゴルフ、アスレチック)・スポーツ公園(野球、サッカー、ラグビーが楽しめる総合グランド)・水辺公園(せせらぎで水遊び)
  • 水城跡・大野城跡
    水城跡・大野城跡
    白村江の戦に敗れ、唐・新羅の侵攻への国防体制の充実のため大和朝廷は太宰府を防衛して、水城・大野城を築かせた。平成26、27年度築城1350年を迎える。
  • 大野城総合公園(まどかパーク)
    大野城総合公園(まどかパーク)
    総合体育館・テニスコート・市民球場・多目的グランド・相撲場・弓道場・アーチェリー場・野外活動センター
  • 大野城市中央コミュニティセンター
    大野城市中央コミュニティセンター
    コミュニティ協議会(コミュニティ運営委員会・パートナーシップ活動支援センター・地域行政センター)が住民自治の実現に向けて、地域活動に取組んでいる。

産業・経済

(1)生産・所得

市町村内総生産 2,243億円
就業者1人あたり 6,541(千円) 対県平均 84.2 %
市町村民所得 2,820億円
人口1人当たり 2,891(千円) 対県平均 102.1%

(2)産業構造

(百万円・人・%)
区分 総生産額 就業人口
第1次 113 0.1 140 0.3
第2次 29,893 13.3 7,269 16.8
第3次 192,339 85.7 33,543 77.4
税・関税 1,973 0.9 - -
224,318 100.0 43,336 100.0

(3)農業・工業・商業

(人・百万円)
農業 農家数(うち専業農家) 農業就業人口
152(13) 83
製造業 事業所数 従業者数 製造品出荷額等
139 3,406 46,345(県内25位)
卸・小売業 事業所数
(うち50人以上)
常用従業者数 年間販売額
779(16) 7,063 297,454(県内4位)

今後の主要課題・ユニーク行政・その他

・大野城トレイル整備事業
・コミュニティ構想推進事業
・緊急連絡カード事業
・西鉄天神大牟田線連続立体交差事業

※出典:平成28年版 福岡県市町村要覧

大野城市への
問い合わせ・ご相談はこちら
連絡先: 自治戦略課
TEL: 092-580-1805
FAX: 092-573-7791
MAIL: jks@city.onojo.fukuoka.jp
topへ戻る
  • このサイトについて
  • サイトマップ

福岡県庁 広域地域振興課
〒812-8577 福岡県福岡市博多区東公園7番7号
TEL:092-651-1111  FAX:092-643-3164
MAIL:koiki@pref.fukuoka.lg.jp

Copyright © 2017 Fukuoka Prefecture All rights reserved.