福岡県ってどんなところ?

直方市 直方市

市民一人ひとりが輝き 笑顔つながるまち

Municipality/5/Municipality_image_1493186909.jpg
直方市 概要
位置
総面積 61.76 km2
人口 57,807
世帯数 26,807
HP 公式ホームページ
Message
遠賀川と福智山に代表される豊かな自然に恵まれ、笑顔がつながるまち「直方市」で暮らしませんか。

教育・医療・福祉()公立以外数

教育
幼稚園 8 (8 )
小学校 11(0)
中学校 4(0)
医療
病院 6 ※979床
診療所 65
歯科 40
福祉
保育所 14(12)
特別養護老人ホーム 4(4)
養護老人ホーム 1(1)
介護老人保健施設 5(5)

公共施設状況

公営住宅等 1,605戸
公民館 1箇所
体育館 2箇所

直方市の移住者インタビュー

  • 直方市 Iターン

    斎藤えり子さん インタビューページへ

    皆さんが親切にしてくださって、いろんなことを教えていただきながら、自分が知らない土地に来ても元気でいられるのはありがたいと思います。

    主婦 斎藤えり子さん

移住・定住支援制度

  • 仕事
  • 住まい・暮らし
  • 結婚・子育て
  • 医療・福祉
  • 移住
選択されたカテゴリは情報がありません。
  • 【直方市】

    住まい・暮らし家を購入する

    生ごみ処理容器等購入費補助事業
    一般世帯から排出される生ごみの減量を図る目的として、生ごみ処理容器及び電動・手動生ごみ処理機の補助金を交付する。
    【要件】※すべて該当すること
    ○住民基本台帳に登録されていること
    ○生ごみ処理容器は市の窓口を通して購入した者又は市内の販売店で購入した電動・手動生ごみ処理機を購入した者
    ○肥料化された生ごみを自家処理できること
    ○処理器等を購入した者で、悪臭、害虫等の発生防止、騒音防止の適正な管理ができるもの
    ○市税の滞納及び暴力団員の構成員でないこと
    【補助金の額】
    ○生ごみ処理器 1基 2,700円
    ○電動・手動式生ごみ処理機 購入額の1/2 1基あたり20,000円上限


    【対象者】
    ○住民基本台帳に登録され、最後の補助金交付を受けてから5年経過している者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    ○生ごみ処理容器 平成8年4月~  
    ○電動・手動式生ごみ処理機 平成24年4月~
    環境業務課 0949-26-4992
  • 【直方市】

    住まい・暮らし家を改修する

    居宅生活動作補助用具(住宅改修) 【直方市障害者等日常生活用具等給付事業】
    手すりや床段差の解消などの改修に係る補助
    (1回限り・上限20万円)


    ・下肢、体幹機能障害又は乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害(移動機能障害に限る。)であって、障害程度が3級以上であるもの(特殊便器への取替えをする場合は上肢障害2級以上を要する)
    ・難病患者であって、下肢又は体幹機能に障害のあるもの
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 健康福祉課 0949-25-2139
  • 【直方市】

    住まい・暮らし家を改修する

    障がい者住みよか事業
    手すりや床段差の解消などの改修に係る補助
    (1回限り・上限30万円)


    ・身体障害者手帳1・2級
    ・療育手帳Aの所持者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 当該住宅の居住者全員の市民税及び所得税が非課税で、申請時において市税の滞納がない者に限る 健康福祉課 0949-25-2139
  • 【直方市】

    住まい・暮らし家を改修する

    住宅リフォーム補助金
     市民の快適な住環境の整備及び地域経済の活性化を図るため、市内の施工業者によって住宅の改修工事を行う場合に、経費の一部を助成。 [対象工事](すべてに該当) 
    ○個人住宅のリフォーム工事
    ○市内の施工業者が請負い、工事費(消費税を除く)が10万円以上となる工事
    ○平成29年3月31日までに竣工し完了届が提出できる工事
    ○市が実施する他の住宅補助制度の対象でない工事
    [補助額]
    ○補助対象工事費の10%の額(千円未満切捨て)
    ○補助の上限:10万円


    (すべてに該当)
    ○直方市に住民登録している
    ○対象住宅の所有者であり、その住宅に居住している
    ○市税等の滞納がない(世帯員全員)
    ○過去にこの住宅リフォーム補助金の交付を受けていない
    ○暴力団員でない(世帯員全員)
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    平成28年4月~平成29年3月 住宅課 0949-25-2262
  • 【直方市】

    住まい・暮らし設備

    直方市合併処理浄化槽設置整備事業補助金
    合併処理浄化槽を設置する場合の工事費用の一部を補助。

    個人。
    ただし、設置場所が下水道認可区域外、及び農業集落排水・コミュニティプラントによる下水処理区域外であること。
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年。ただし、その年度の予算がなくなり次第受付終了。 ①工事着工前に申請すること。
    ②専用住宅への設置であること。(延べ床面積の1/2以上が住居部分である併用住宅の場合も可)
    ③販売目的のものは不可。
    ④その年度末(3月末)までに工事が完了し、かつ市の検査が完了すること。
    下水道課 0949-25-2202
  • 【直方市】

    住まい・暮らし設備

    直方市排水設備等改造資金融資あっせん及び利子補給
    排水設備の改造工事をして、汚水を公共下水道に排除しようとする人に対して、工事に必要な資金の融資をあっせんし、またその利子の半分を補給する。

    ●建物の所有者又は、その所有者の同意を得た使用者であること。
    ●下水道の処理区域となった日から3年以内の改造工事であること。
    ●市税、市の下水道受益者負担金などを滞納していないこと。
    ●自己資金のみでは工事費を一時に負担することが困難であること。
    ●融資を受けた資金の償還能力を有すること。
    ●連帯保証人1人以上有すること。
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 ●工事着工前に申請すること。
    ●金融機関の審査があります。ご希望に添えない場合もあります。
    下水道課 0949-25-2202
  • 【直方市】

    住まい・暮らしその他

    コミュニティバス
    公共交通空白地に対するバスの運行

    特になし
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    特になし 商工観光課 0949-25-2157
  • 【直方市】

    結婚・子育て結婚

    子育てリユース協働事業「りちゃいけ」
    家庭で不要になった子供用品を無料で譲受け、欲しい人へ無料で譲り渡す。
    【開場日】 月水金の平日・水土を除く祝日・第2日曜日
    【開場時間】 10時~14時
    【開場場所】 環境業務課敷地内
    【持ち込みできるもの】
    ○ベビー用品(ベット・チャイルドシート等)
    ○キッズ用品(衣類、三輪車等)
    ○マタニティ用品(出産準備を含む)
    ○学用品(制服、ランドセル等)


    【対象者】
    市内在住・通勤・通学・通園
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    平成25年4月~ 環境業務課 0949-26-4992
  • 【直方市】

    結婚・子育て出産

    妊婦健康診査補助
    妊婦健康診査補助券の発行

    母子健康手帳所持者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 こども育成課 0949-25-2114
  • 【直方市】

    結婚・子育て出産

    産後ケア事業
    助産師による産後の赤ちゃんとお母さんのケア

    生後3か月未満の赤ちゃんとお母さん
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 こども育成課 0949-25-2114
  • 【直方市】

    結婚・子育て子育て・教育

    乳児家庭全戸訪問事業
    母子保健推進員による家庭訪問

    乳児のいる世帯
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 こども育成課 0949-25-2114
  • 【直方市】

    結婚・子育て子育て・教育

    児童手当制度
    3歳未満  15,000円ほか

    児童を養育している親
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 こども育成課 0949-25-2133
  • 【直方市】

    結婚・子育て子育て・教育

    直方市地域子育て支援センター運営
    あそびの広場、赤ちゃん広場、子育て講座等

    市内の親子
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 地域子育て支援センター 0949-28-9102
  • 【直方市】

    結婚・子育て子育て・教育

    地域子育て支援センター講習会
    食育講座 子育て講座 ほか

    子育て中の保護者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 地域子育て支援センター 0949-28-9102
  • 【直方市】

    結婚・子育て子育て・教育

    ファミリー・サポート・センター事業
    地域において育児の援助を行いたい人「まかせて会員」、援助を受けたい人「おねがい会員」が行う相互援助活動を支援する。
    ●援助活動の内容
     ・保育園、幼稚園、学校等への送迎、その前後に子どもを預かること。
     ・保育園、幼稚園、学校等が休みのときに、子どもを預かること。
     ・保護者の短時間就労、臨時就労または求職活動中の場合に子どもを預かること。
     ・冠婚葬祭、子どもの学校行事や、買い物等保護者の外出の場合に子どもを預かること。
     ・保護者の病気や急用の場合に子どもを預かること。
     ※これらの理由以外でも相談により預かれることがあります。

    ●おねがい会員
     ・市内在住か市内に勤務している人
     ・生後6ヶ月から小学校6年生までの子どもを育児している人
    ●まかせて会員
     ・市内在住で子どもを預かることのできる20歳以上の人
     ・健康で子育てに意欲のある人
    ●どっちも会員
     ・「おねがい会員」「まかせて会員」のどちらも希望する人

    ●利用料金
     ・月曜日から土曜日(祝日を除く)
     午前7時から午前9時 …800円
     午前9時から午後7時 …600円
     午後7時から午後8時 …800円
     ・日曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)
     すべての時間帯 …800円


    登録会員
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 教育委員会 こども育成課 地域子育て支援センター 0949-28-9103
  • 【直方市】

    結婚・子育て子育て・教育

    第2子以降保育所保育料免除
    第2子以降の保育所保育料無料。

    児童を養育している親
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 こども育成課 0949-25-2133
  • 【直方市】

    結婚・子育て子育て・教育

    学童クラブの運営
    指導員による遊びや生活指導により児童の健全育成を図る。

    親が昼間家庭にいない児童
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 こども育成課 0949-25-2133
  • 【直方市】

    結婚・子育て子育て・教育

    小学校35人学級の設置
    ○市費任期付き教育職員の配置(該当小学校)
    ・小学校2学年より4学年の35人学級の設置


    市内全小学校
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    継続中 小学校1学年は国費で35人学級の設置 学校教育課 0949(25)2323
  • 【直方市】

    結婚・子育て子育て・教育

    基礎学力向上教員の配置
    ○県費非常勤講師の配置(全小中学校)
    ・課題対応教員
    各学校における授業における課題に対し、年間420時間授業に入り、課題解消に努めている。

    ・ふくおか学力アップ推進事業
    各学校における特に国語、算数・数学の学力向上を目的に、習熟度別授・TT授業などの少人数授業を、一人の講師が週12時間程度実施しいる。


    ○市費よる人員
    ・学習ボランティア
    朝自習や昼自習の補充学習の時間に、補助員として個別指導にあたっている。


    市内全小中学校児童・生徒
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    平成28年4月~平成29年3月 なし 学校教育課 0949(25)2323
  • 【直方市】

    結婚・子育て子育て・教育

    放課後学習
    ○放課後学習の実施(平成27年より31年度の期間で全小中学校で実施)
    ・各小中学校2年間の期間で、放課後学習を実施する。
    ・学習ボランティアが、放課後学習の見守りを行う。
     


    該当小中学校
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    平成27年~平成31年 なし 学校教育課 0949(25)2323
  • 【直方市】

    結婚・子育て子育て・教育

    ひとり親家庭医療費支給制度
    【対象者】  母子家庭の母と児童、父子家庭の父と児童、父母のいない児童  (児童は就学後から18歳の年度末まで)

    【所得制限】 児童扶養手当準拠

    【自己負担】
    通院  一医療機関あたり800円/月(上限)  入院  500円/日(月7日上限)  


    上記記載のとおり
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 保険課 0949-25-2113
  • 【直方市】

    仕事起業・事業・就職

    直方市創業支援事業計画/各種補助金
    【直方市創業支援事業計画】
    産業競争力強化法に基づき、直方市・直方商工会議所・直鞍産業振興センター・日本政策金融公庫が連携して、創業支援をおこなう。
    <主な創業支援>
    ワンストップ窓口(直方市)/創業相談・創業スクール(直方商工会議所)/インキュベーション室(直鞍産業振興センター)/創業サポートデスク(日本政策金融公庫八幡支店)

    【直方市事業所開設支援補助金】
    創業支援(対象支援は別途規定あり)を受けた人が市内に創業する場合に、補助を行う。
    <補助対象経費>
    事業所開設に係る新設・改装工事及び附帯設備・備品の購入設置(本体価格1品1万円以上)に要する50万円以上の経費
    <補助金額>
    対象経費の1/2 上限金額50万円
    ※その他対象外事業など規定あり

    【直方市創業時融資資金利子補給補助金】
    創業支援(対象支援は別途規定あり)を受けて創業した人が創業後1年以内に利用した融資について、利子の一部を補助する
    <補助対象融資>
    福岡県中小企業振興資金融資制度要綱第6条第3号に規定する新規創業資金
    (株)日本政策金融公庫が実施する創業支援に係る融資
    <補助金額>
    対象融資に係る1年分の利子支払額のお1/2 上限5万円
    ※その他規定あり


    【直方市創業支援事業計画】
    直方市で創業したい人
    【直方市事業所開設支援補助金】
    事業を営んでいない方で創業支援を受けた人
    【直方市創業時融資資金利子補給補助金】
    直方市内で創業して1年以内の者で創業支援を受けた人
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    平成27年4月1日~平成29年3月31日(延長の可能性あり) 商工観光課 0949-29-3155
  • 【直方市】

    仕事起業・事業・就職

    直方市空き店舗対策事業補助金
    【補助対象店舗】
    概ね3月以上封鎖され、営業活動を行っていない店舗(商店街のアーケード内にあること)

    【補助金交付額】
    収益性を有する者 建物賃借料の2分の1(補助限度額 25,000円) 12月以内
    収益性を有しない者 建物賃借料の1分の1(補助限度額 50,000円)12月以内


    【補助対象者】
    ・市町村税を滞納していない者または法人
    ・本市の商店街の店舗から移転することにより、移転前の店舗を空き店舗としない者
    ・空き店舗の貸主の2親等以内の親族でない者
    ・暴力団、暴力団員、暴力団関係団体及び暴力団関係者でないこと など
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    平成28年4月から平成29年3月まで ○事業年度は、直方市の会計年度の例による
    ○詳細は、直方市空き店舗対策事業補助金交付要綱を必ず確認のこと
    産業建設部 商工観光課 0949-25-2156
  • 【直方市】

    仕事起業・事業・就職

    直方市商店リフォーム補助金
    【補助条件】
    ・市町村税の滞納がないこと
    ・営業に許可や免許が必要な場合は、既に許認可等を得ているか、得る見込みが高いこと
    ・暴力団、暴力団員、暴力団関係団体及び暴力団関係者でないこと など

    【補助対象事業】
    ・小売業、飲食店、持ち帰り・配達飲食サービス業、洗濯・理容・美容・浴場業ほかの業種であって、要綱に規定する営業時間、風営法に該当しない等の要件を満たすもの。

    【補助対象経費】
    中心市街地の歩行者・自転車通行量の増加、顧客満足度向上、売上高増加に直結する工事で、以下の経費の総額が50万円以上となる商店リフォーム工事
    ・内装工事費
    ・外装工事費
    ・上記に関連する給排水工事・電気工事等に係る経費
    ・建物と一体的な什器、備品の購入に係る経費
    (税抜き1品1万円以上)

    【補助金交付額】
    市外業者施工分を除く補助対象経費の
    ・新規店:対象経費の1/2、既存店1/3
    ・上限50万円


    【補助対象者】
    中心市街地内の商業地域であって
    ・新たに自ら賃借又は購入した空き店舗で、補助対象となる事業を営もうとするもの
    ・既に補助対象となる事業を営んでいるもの
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    平成28年4月から平成31年3月まで ○工事完了及び同届出を各年度2月末までに終えること
    ○申請、交付決定前の工事は対象外
    ○詳細は、直方市商店リフォーム補助金交付要綱を必ず確認のこと
    産業建設部 商工観光課 0949-25-2156
  • 【直方市】

    仕事農林水産業

    新規就農相談
    制度や経営について新規就農希望者へのアドバイス

    市内での新規就農者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 農業振興課 0949-25-2160
  • 【直方市】

    移住移住体験

    ちょっくらふれ旅プロジェクト
    直鞍地域での様々な担い手による参加型体験プロジェクト。

    参加希望者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    夏(7月中旬~8月末)
    秋(10月初旬~12月末)
    企画経営課
    商工観光課
    0949-25-2230
    0949-25-2156
  • 【直方市】

    医療・福祉医療・福祉

    子ども医療費支給制度
    【対象者】  小学6年生まで

    【所得制限】 なし

    【自己負担】
    通院
    就学前:無料
    小学1年~小学3年:一医療機関あたり800円/月(上限)
    小学4年~小学6年:一医療機関あたり1,200円/月 (上限)
    入院
    就学前:無料
    小学1年~小学6年:一医療機関あたり500円/日(月7日上限)


    0歳~小学6年生まで
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 平成28年10月1日制度改正後の実施内容を記載 保険課 0949-25-2113
  • 【直方市】

    医療・福祉医療・福祉

    病児一時預かり事業(病児保育)
    病気の回復期にあって集団保育等が困難な児童の病児・病後児保育室での一時預かり

    市内の親子
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 こども育成課 0949-25-2133
  • 【直方市】

    医療・福祉医療・福祉

    ・国民健康保険はり・きゅう施術費補助金  
    直方市国民健康保険加入者が指定施術所ではり・きゅう施術を受ける際に、年間36回を限度として1回あたり900円を助成する

    直方市国民健康保険の加入者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 保険課 0949-25-2113
  • 【直方市】

    医療・福祉医療・福祉

    ・後期高齢者はり・きゅう施術費補助金
    福岡県後期高齢者医療保険に加入している直方市民が指定施術所ではり・きゅう施術を受ける際に、年間36回を限度として1回あたり800円を助成する

    福岡県後期高齢者医療保険に加入している直方市民
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 保険課 0949-25-2113
  • 【直方市】

    医療・福祉医療・福祉

    子ども医療費支給制度
    【対象者】  小学6年生まで

    【所得制限】 なし

    【自己負担】
    通院
    就学前:無料
    小学1年~小学3年:一医療機関あたり800円/月(上限)
    小学4年~小学6年:一医療機関あたり1,200円/月 (上限)
    入院
    就学前:無料
    小学1年~小学6年:一医療機関あたり500円/日(月7日上限)


    0歳~小学6年生まで
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 平成28年10月1日制度改正後の実施内容を記載 保険課 0949-25-2113
  • 【直方市】

    医療・福祉防災・安全

    防災行政無線の運営
    災害等の予防・災害時等における情報提供

    音声が聞こえる範囲の市民
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 総務・コミュニティ推進課 0949-25-2223

Photo gallery

みどころ紹介

  • 大関魁皇像
    大関魁皇像
    私たちに勇気と感動を与えてくれた大関魁皇に感謝し、直方が生んだ名力士の勇姿を記憶に刻むため、JR直方駅前に大関魁皇像を建立しました。
  • 直方市石炭記念館
    直方市石炭記念館
    市指定文化財。本館は明治43年建築で、かつて筑豊の主な炭鉱経営者が集まり、出炭量などを決めた由緒ある建物です。炭鉱で使用された採炭機械や蒸気機関車、記録簿など貴重な資料が多数展示されています。
  • 直方谷尾美術館(直方市美術館)
    直方谷尾美術館(直方市美術館)
    文化庁の登録有形文化財。地元の実業家が地域の芸術を支援するため、昭和初期に建てられた元医院を改装して平成4年に開設。現在は市の美術館として、筑豊ゆかりの若手作家の作品展示や、地域の芸術団体へ貸館として開放しています。
  • アートスペース谷尾(直方市美術館別館)
    アートスペース谷尾(直方市美術館別館)
    文化庁の登録有形文化財。大正時代に建てられた元銀行で、レンガ造りのレトロな洋風建築。ヨーロッパや日本の江戸切子など約300点のガラス工芸品と、高取焼発掘出土品を約90点展示。喫茶コーナーも併設しています。
  • 竜王峡
    竜王峡
    3つの滝がある林間の渓谷で、水遊びや森林浴が楽しめます。夏季には、竜王峡キャンプ村が開村しさまざまなイベントを楽しむことができます。
  • 福智山ろく花公園
    福智山ろく花公園
    約3万8千平方メートルの敷地内に、季節に合わせた年間150種類の草花と約200種類の花木を楽しむことができます。

産業・経済

(1)生産・所得

市町村内総生産 1,783億円
就業者1人あたり 6,623(千円) 対県平均 85.3 %
市町村民所得 1,415億円
人口1人当たり 2,485(千円) 対県平均 87.8%

(2)産業構造

(百万円・人・%)
区分 総生産額 就業人口
第1次 792 0.4 516 2.1
第2次 48,393 27.1 6,743 27.9
第3次 127,583 71.6 15,972 66.0
税・関税 1,532 0.9 - -
178,300 100.0 24,202 100.0

(3)農業・工業・商業

(人・百万円)
農業 農家数(うち専業農家) 農業就業人口
527(125) 545
製造業 事業所数 従業者数 製造品出荷額等
138 5,846 135,083(県内11位)
卸・小売業 事業所数
(うち50人以上)
常用従業者数 年間販売額
594(10) 4,883 106,510(県内16位)

今後の主要課題・ユニーク行政・その他

・行財政改革の推進            ・暴力団等追放推進条例   
・ファミリーサポートセンター      ・中心市街地の活性化
・企業誘致の推進   ・ハートフル奨学金
・まちづくり出前講座     ・グローバル人材育成

※出典:平成28年版 福岡県市町村要覧

直方市への
問い合わせ・ご相談はこちら
連絡先: 企画経営課 企画経営係
TEL: 0949-25-2230
FAX: 0949-24-3812
MAIL: n-seisaku@city.nogata.fukuoka.jp
topへ戻る
  • このサイトについて
  • サイトマップ

福岡県庁 広域地域振興課
〒812-8577 福岡県福岡市博多区東公園7番7号
TEL:092-651-1111  FAX:092-643-3164
MAIL:koiki@pref.fukuoka.lg.jp

Copyright © 2017 Fukuoka Prefecture All rights reserved.