福岡県ってどんなところ?

朝倉市 朝倉市

水を育み街を潤す健康文化都市の創造 ~「共生」と「交流」を創る「自立」と「責任」のまち~

Municipality/26/Municipality_image_1493364399.jpg
朝倉市 概要
位置
総面積 246.71 km2
人口 55,322
世帯数 21,047
HP 公式ホームページ
Message
豊かな自然、美しい里山の風景が広がる「朝倉市」で、程よい田舎暮らし、充実した子育てライフを送りませんか。

教育・医療・福祉()公立以外数

教育
幼稚園 5 (5 )
小学校 14(0)
中学校 6(0)
医療
病院 5 ※858床
診療所 52
歯科 30
福祉
保育所 16(6)
特別養護老人ホーム 5(5)
養護老人ホーム 0(0)
介護老人保健施設 4(4)

公共施設状況

公営住宅等 634戸
公民館 0箇所
体育館 4箇所

移住・定住支援制度

  • 仕事
  • 住まい・暮らし
  • 結婚・子育て
  • 医療・福祉
  • 移住
選択されたカテゴリは情報がありません。
  • 【朝倉市】

    住まい・暮らし家を改修する

    あさ暮らし住宅リフォーム補助金
    市内への居住を予定する方が、市内業者に発注して行う10万円以上の住宅リフォームに対して補助を行う

    市内居住又は予定の方
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    平成29年度まで 都市計画課 0946-22-1111(代表)
  • 【朝倉市】

    住まい・暮らし空き家

    朝倉市空き家バンク
    空き家等の物件情報の登録、紹介

    空き家所有者及び入居希望者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    平成28年7月1日開始 ふるさと課 0946-22-1111(代表)
  • 【朝倉市】

    結婚・子育て結婚

    朝倉市縁結び応援事業補助金
    出会いの場を提供する団体の活動に対し補助

    市内在住の住民
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年(実施時期は団体による) 子ども未来課 0946-22-1111
  • 【朝倉市】

    結婚・子育て出産

    朝倉市妊婦健康診査事業
    妊婦健診助成を妊娠期間のうち14回実施

    市内の妊婦
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 健康課 0946-22-8571
  • 【朝倉市】

    結婚・子育て出産

    子育てほっとサロン「つどいの広場」
    主に乳幼児(0~3歳)を持つ親とその子どもが気軽に集い、交流を図ることや、アドバイザーによる育児相談等を行います。

    市内の親子
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 つどいの広場 080-6439-1851
  • 【朝倉市】

    結婚・子育て子育て・教育

    こんにちは赤ちゃん事業
    生後4か月までの乳児がいる家庭を対象に、保育士が訪問し、子育て支援に関する情報提供や育児の相談等に応じます。

    乳児のいる世帯
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 第2子以降の乳児訪問 子ども未来課 0946-22-1111
  • 【朝倉市】

    結婚・子育て子育て・教育

    児童手当・児童扶養手当・特別児童扶養手当制度
    3歳未満 15,000円ほか

    児童を養育している親
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 子ども未来課 0946-22-1111
  • 【朝倉市】

    結婚・子育て子育て・教育

    子育て支援センター
    育児に関する不安や悩みなど専門職員が相談を受け付けます。また定期的に育児講座や様々な催しを行っています。

    児童を養育している親
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 生い立つ子育て支援センター
    ひろにわ子育て支援センター
    0946-24-5203
    0946-52-3222
  • 【朝倉市】

    結婚・子育て子育て・教育

    ファミリー・サポート・センターあさくら
    お子さんの預かりや保育所への送迎など「サポートを受けたい人」と「サポートしたい人」との相互援助活動を行う。

    市内在住の住民
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 ファミリー・サポート・センターあさくら 0946-24-0055
  • 【朝倉市】

    結婚・子育て子育て・教育

    子育て短期支援事業
    保護者の方が入院や通院、出張や残業などの理由で、一時的に家庭で養育することができないときに、お子さんをお預かりする制度。

    児童を養育している親
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 子ども未来課 0946-22-1111
  • 【朝倉市】

    結婚・子育て子育て・教育

    朝倉市私立幼稚園就園奨励費補助金
    国の定める基準額に基づく補助

    児童を養育している親
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 教育課
    子ども未来課
    0946-22-2333
    0946-22-1111
  • 【朝倉市】

    結婚・子育て子育て・教育

    学童保育所の運営
    仕事などの都合で帰宅が遅くなる保護者に代わり、放課後に児童(小学生)を保育するところです。

    親が昼間家庭にいない児童
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 子ども未来課 0946-22-1111
  • 【朝倉市】

    結婚・子育て子育て・教育

    休日保育
    保護者等が就労等のため、休日において保育が必要な児童に保育を提供しています。

    保護者等が就労等のため、休日において保育が必要な児童
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 子ども未来課 0946-22-1111
  • 【朝倉市】

    結婚・子育て子育て・教育

    外国語指導助手・スクールカウンセラー派遣
    外国語指導助手を中学校に派遣、スクールカウンセラーを小学校に派遣

    市立中学校在学の生徒、市立小学校在学の児童
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 教育課 0946-22-2333
  • 【朝倉市】

    結婚・子育て子育て・教育

    就学援助制度
    児童生徒の学用品費・給食費等の一部を助成

    生活困窮している世帯
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 教育課 0946-22-2333
  • 【朝倉市】

    結婚・子育て子育て・教育

    中学生以下インフルエンザ予防接種料金助成事業
    1歳~中学生の子供に対するインフルエンザ予防接種料金の助成

    朝倉市に住民票があり、接種日に1歳から中学3年生に相当する年齢までの人
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    10月1日~12月31日 健康課 0946-22-8571
  • 【朝倉市】

    仕事起業・事業・就職

    ワンストップ相談窓口
    市商工観光課が窓口となって相談を受け、商工会議所や商工会など適切な機関につなぐ。

    創業を考えている方
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    平成31年度まで 産業競争力強化法に基づく国の認定によるもの 商工観光課 0946-52-1428
  • 【朝倉市】

    仕事起業・事業・就職

    商店街空き店舗対策補助事業
    都市再生整備計画に定める区域内の商店街空き店舗に新たに出店する際に、改装に要する経費の2分の1以内(上限50万円)を補助するもの。

    商店街空き店舗に新たに出店する方
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    単年度継続 商工観光課 0946-52-1428
  • 【朝倉市】

    仕事就業体験

    体験農園
    1区画25平方メートル(年間5,000円)

    作物づくりの好きな方
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 農業振興課 0946-52-1427
  • 【朝倉市】

    仕事農林水産業

    朝倉市就農支援協議会
    市・普及センター・JAで一体的に就農を支援

    就農を志す方、就農後間もない方
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 農業振興課 0946-52-1427
  • 【朝倉市】

    仕事農林水産業

    青年等就農給付金
    独立自営就農を行う青年就農者の支援(基本年間150万円)

    独立自営就農し、就農開始より5年以内の青年就農者
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 農業振興課 0946-52-1427
  • 【朝倉市】

    医療・福祉医療・福祉

    乳幼児健康支援センター(病後児保育)
    お子さんが病気の回復期などで、家庭で保育できない場合に一時預かり。

    3か月~小学校6年生
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 きたの小児科乳幼児健康支援センター 0946-23-1177
  • 【朝倉市】

    医療・福祉医療・福祉

    休日夜間急患センター運営事業
    休日・夜間の急患センター運営

    地域住民
    事業期間 特記事項 担当課 連絡先
    通年 甘木・朝倉広域市町村圏事務組合 0946-22-2038

Photo gallery

みどころ紹介

  • 秋月城下町
    秋月城下町
    黒田官兵衛の孫、黒田長興を藩祖とする秋月黒田藩の城下町です。町全体が国の重要伝統的建造物群保存地区となっているのは全国的にも珍しく、筑前の小京都とも呼ばれています。桜の名所“杉の馬場”にある秋月郷土館は、藩主黒田家の宝物の他に日本画、洋画等の貴重な美術品を展示しています。
  • 原鶴温泉
    原鶴温泉
    福岡県随一の湧水量を誇る温泉です。アルカリ性単純温泉と単純硫黄泉の二つの泉質を合わせ持つ“W美肌の湯”として知られています。原鶴温泉の南を流れる筑後川では、例年5月20日の鮎漁解禁日に合わせて川開き花火大会が催され、以後10月中旬まで県内唯一の伝統漁法である鵜飼を見ることができます。
  • 堀川用水及び朝倉の揚水車
    堀川用水及び朝倉の揚水車
    “三連水車”の呼称で親しまれる水車群で、国史跡に指定されています。寛文3年(1663)に開削された堀川用水に架けられ、三連となったのは寛政元年(1789)です。以後、現代まで作り変えられながらも現役として稼働し、約35㌶もの水田を潤し続けています。稼働期間は6月中旬~10月初旬です。
  • キリン花園
    キリン花園
    キリンビール福岡工場のビール麦試験圃場跡地に設けられた約7㌶にも及ぶ花園です。春はポピー、秋にはコスモスがそれぞれ約1,000万本咲き乱れます。開花期のイベント期間中には各種イベントの他、農産物や特産品等の販売所も設置されます。
  • 水の文化村
    水の文化村
    水の大切さや不思議さを楽しく学べるテーマパークです。入場無料。館内には、寺内ダムの景観を満喫できる休憩所があり、“いこいの広場”はご家族で思いっきり遊べる場所になっています。夏には館外のパレットで水遊びをする多くの家族連れで賑わいます。
  • ファームステーション・バサロ
    ファームステーション・バサロ
    原鶴温泉に程近い“道の駅原鶴”に付設され、年間約125万人が訪れる農産物直売所です。特産の「志波柿」をはじめ、年間を通して新鮮で豊富な野菜や果物、加工品などが集まり、いつお越しになっても楽しんでいただけます。平成26年度には、JAFの九州・沖縄「道の駅グランプリ」の表彰を受けました。
  • 三連水車の里あさくら
    三連水車の里あさくら
    大きな公園や遊具も完備した農産物直売所です。筑後川がもたらしてくれた肥沃な土地で育った美味しい野菜の数々、日本一の生産量を誇る甘柿をはじめ、梨、ぶどう、桃、みかん、いちご、など旬の果物、そして隠れた朝倉の特産品花・苗木を豊富に揃えています。地元の食材を使った自慢の手作り弁当・惣菜がその場で召し上がれる「駅弁食堂」も人気で、店内からは親子連れで遊べる芝生公園や三連水車の実物大モニュメント・耳納連山の景色が楽しめます。
  • 平塚川添遺跡公園
    平塚川添遺跡公園
    国史跡の公園として開園しました。弥生時代中期から古墳時代初頭にかけて営まれた「邪馬台国」時代の大規模な低地性の多重環濠集落でした。防御施設と思われる柵列や物見台、祭殿や首長館、竪穴住居などが発見され、遺跡公園として復元されています。弥生の森として植生や水辺の景観にもるれることができ、邪馬台国時代のクニの様子を窺うことができます。
  • 山田堰
    山田堰
    筑後川の水を導入するために設けられた総石合張堰(傾斜堰床式石張堰)で日本唯一の方式です。堀川の取水口は現在の場所よりも下流にありましたが、洪水等で土砂が堆積し、機能しなくなったため、享保7年(1722年)に恵蘇八幡宮下の岩盤に穴をあけて水門を設置、続く寛政2年(1970年)に用水の水量を増やすために筑後川を堰き止める石の堰を築造しました。何度か崩壊しながらも改修を重ね、現在も稼働しています。
  • 甘木公園(丸山公園)
    甘木公園(丸山公園)
    総面積31.7ha、噴水や浮き浅橋などの親水施設や、遊具のある「アスレチック広場」など、静かな自然環境に恵まれた市民の「憩いとくつろぎの広場」となっています。また、県下屈指の桜の名所として知られ、公園の真ん中にあるひょうたん型の桜池・もみじ池をぐるりと囲むようにして、ソメイヨシノなど約4,000本が咲き乱れます。
  • たかき清流館
    たかき清流館
    森林の香りに包まれた木造校舎で、体験・研修・宿泊ができる施設です。目の前に流れる美しい清流や山里の雰囲気を満喫できます。夏休みの子ども会や、学校や保育園のキャンプ、職場やグループ・家族の親睦会等にご利用ください。
  • 秋月郷土館
    秋月郷土館
    昭和40年、秋月黒田家所蔵の遺品を公開するための施設として戸波家屋敷跡に開館しました。昭和50年には山岐勝人氏から寄贈された美術品に加え、秋月に係りある人々の歴史資料・美術品等の寄贈協力で郷土美術館が併設、開館されました。秋月の藩校「稽古館」の一角に建てられた美術館と旧戸波屋敷とで構成される秋月郷土館は、秋月の文化・歴史・観光の拠点としての役割を果たしています。

産業・経済

(1)生産・所得

市町村内総生産 3,189億円
就業者1人あたり 10,339(千円) 対県平均 133.1 %
市町村民所得 1,579億円
人口1人当たり 2,880(千円) 対県平均 101.7%

(2)産業構造

(百万円・人・%)
区分 総生産額 就業人口
第1次 8,990 2.8 4,141 14.9
第2次 169,305 53.1 6,612 23.8
第3次 138,170 43.3 15,810 56.9
税・関税 2,386 0.7 - -
318,850 100.0 27,763 100.0

(3)農業・工業・商業

(人・百万円)
農業 農家数(うち専業農家) 農業就業人口
2,683(663) 3,096
製造業 事業所数 従業者数 製造品出荷額等
108 5,549 324,396(県内5位)
卸・小売業 事業所数
(うち50人以上)
常用従業者数 年間販売額
565(5) 3,742 90,565(県内21位)

今後の主要課題・ユニーク行政・その他

・絶滅危惧種(スイゼンジノリ)保全事業
・あさ暮らし住宅リフォーム補助事業
・水政策調整官の配置
・(医療費抑制に向けた)節薬バッグ運動

主な定住支援策

  • あさくら暮らし(朝倉市移住・定住促進サイト)
    このページでは、朝倉市への移住を検討している方に朝倉市の魅力や各種情報などを紹介しています。また、空き家バンクも掲載していますのでぜひご覧ください。 詳しくはコチラ
  • あさ暮らし住宅リフォーム事業
    市外から転入する人が行う10万円以上の住宅・空家リフォームに対して、工事費用の一部を補助します。 詳しくはコチラ
  • 子ども医療費助成事業
    小学校就学前の子供の医療費(入院・入院外)は無料です。また、小中学生の入院費用の一部を助成しています。 詳しくはコチラ
  • 朝倉市定住PRパンフレットを作成しました
    パンフレットには、移住体験者のインタビューや移住希望者向けの支援制度などの情報を掲載しています。 詳しくはコチラ
  • 朝倉市勢要覧を発行しました
    「暮らし」をテーマに、水と緑の豊かな朝倉の地に以前から住んでいる方や、移住してきた方の話を交えた、「朝倉市勢要覧」を発行しています。 詳しくはコチラ
  • 朝倉市公式フェイスブック&ツイッター
    朝倉市公式ソーシャルメディアです。フェイスブック&ツイッターで最新情報をお届けしますので、フォロー&いいね!をよろしくお願いします。 詳しくはコチラ

※出典:平成28年版 福岡県市町村要覧

朝倉市への
問い合わせ・ご相談はこちら
連絡先: ふるさと課地域振興係
TEL: 0946-22-1111(代表)
FAX: 0946-24-8857
MAIL: furusato@city.asakura.lg.jp
topへ戻る
  • このサイトについて
  • サイトマップ

福岡県庁 広域地域振興課
〒812-8577 福岡県福岡市博多区東公園7番7号
TEL:092-651-1111  FAX:092-643-3164
MAIL:koiki@pref.fukuoka.lg.jp

Copyright © 2017 Fukuoka Prefecture All rights reserved.